月々のLPガス(プロパンガス)代金を劇的に安く方法

シェアする

スポンサーリンク

日本は都市ガス化が進んでますが、まだまだLPガスの家庭も多いです。

当サイト管理人の家もLPガス(プロパンガス)です。

LPガス(プロパンガス)は都市ガスの二倍の値段がかかるとも言われてます。

その代わりカロリーが高いので火力が強いのですが、その火力で家計まで火の車になってました。

カロリーが高いので調理時間が短くなり、ガス使用時間も短縮されるので都市ガスも値段は変わらないという説もありますが、普通に高いです。

都市ガスのある所に住めば良かったと後悔しても、もう遅く、また、カロリーが高いというのも、令和時代では心地よいフレーズではないです。

前置きはおいといて、とにかく安くならないものかと。

いろいろと試行錯誤した結果、乗換えが可能で、そうすれば劇的に安くなりました!

その経験から乗換え方法から、乗換え時に注意する事などを説明していきます。


スポンサーリンク

同じ業者でもLPガス(プロパンガス)は値段が一律ではない

これには驚きました。

同じ業者でも、値段交渉してくる家庭、いわゆる物言うお客さんには安く、何も言わず黙って馬鹿正直に払い続けている家庭には高く設定されている業者も多々あります。

これは電気や水などと違い、LPガス(プロパンガス)の業者は個人経営が多く値段を好きに設定できおるからです。

もちろん、同率賃金で経営している個人業者もありますが、当サイト管理人が長年黙って払い続けていた業者はそうではなく、我が家は高め設定されていました。

その値段が普通で正規で、乗換えなど出来ないと思い込んでいたので、黙って払い続けますよ。

知らない間にじわじわと値上げされてたりして、それすら知らないで払ってました。

その実態を現在契約している「わくわくガス屋さん」のHPから紹介してみます。

4家族の20m3(m3はガス使用量の単位)のガス料金が、Aさん9,000円・Bさん12,000円・Cさん15,000円・Dさん20,000円と、同じガス会社で契約しているにも関わらずガス料金が異なり、その差額は2倍以上になることもあるのです!!!

なんと、同じガス会社で2倍も料金が違うのです!!!

 上記はわくわくガス屋さんから引用

 

わくわくガス屋さんのエリアなら、このガス屋さんをお勧めします。

我家は「わくわくガス屋さん」に乗換えてかなり安くなりました!

ありがとうわくわくさん!

 

どのLPガス(プロパンガス)がお勧めなのか

これはもう地域によって違います。

大手から個人業者まで無数にあり、エリアによって適正価格も違います。

プロパンガス消費物協会にて、自分のエリアの適正価格が見れます。

 

自分の エリアで良い業者を知っているならそこでもいいですが、携帯ショップと同じで最初の一年だけ安くて、後はじわじわ値上げされては同じになるので注意しましょう。

ここはプロに任せるのがいいでしょう。

「ガス屋の窓口」さんならエリアから優良会社を紹介してくれますし、無駄に値上げしないか常に見張ってくれます。

ただ全国ではないので、エリア対象外の人は【エネピ】 をお勧めします。

こちらも優良ガス屋さんを紹介してくれますし、「ガス屋の窓口」と遜色ない会社です。

後述しますが、この2つの紹介会社の良いところの一つに、現在契約しているガス屋との解約手続きもしてくれる点があります。

自分で探して自分で乗換える場合は、当然自分で解約手続きするのですが、これがなかなか。。

個人経営のガス屋さんが相手の場合は事務的に淡々とした解約手続きは無理だと思って間違いないです。

 

どのLPガス(プロパンガス)乗換え時の注意点

いくつかあります。

ケータイの乗換えや電力会社の乗換えとは違います。

個人経営のガス屋さんに解約する旨を伝えると、それはもう嫌な顔されます。

解約時に値下げ交渉してくるけど、乗ってはダメだという都市伝説を聞いてましたが、本当でした。

伝説は本当だったんだ!

都市ガス伝説だと思ってましたが、プロパンでも普通にありました!

「来月から値下げする予定なんですよ! そのお知らせを作成中なんですが!」

そんなお知らせはして貰った事なんて、10年以上ありませんでしたが。。。

これは、その時だけ値下げして、またじょじょに知らない間に値上げしてくるパターンなので乗ってはいけません。

なので、乗らずに断りましたが、なぜか怒られました。

「どこの会社にしますんや! ○○からの勧誘ですか?!」
「安いの最初だけで、後から勝手に値上げされてウチと同じになるんやで!」

「こんな電話が一番迷惑なんですよね!」

などなど。

お前が高め設定してるからだろうがと怒鳴りたいのをグッと我慢してやんわりと話を勧めました。

なぜなら、LPガス解約時には撤去費用というものがあるからです。 

これはボンベを取り換えるので、現在のガス屋のボンベなどを撤去する費用だそうです。

これがまた、千変万化、自由自在、大将の気分で変わる可能性が高いのです。

無料撤去の業者から、10万円ぐらい要求してきたりする業者まであります。

相場としては1万円から3万円とされています。

あまりに高ければ消費者センターなどに相談しましょう。

そゆのも含めて解約手続きも代行してくれるプロの紹介会社に頼るのはいい選択だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク