コーナンPayの使い方を電子マネー初心者でも分かるように説明します

シェアする

スポンサーリンク

コーナンをよく利用する人だけが得をするQR決済システムが始まりました。
その名も「コーナンPay」(コーナンペイ)。
「コーナンPay」(コーナンペイ)を使うと、どう得なのか、どう使うのかを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

コーナンPay(コーナンペイ)は得なのか

コーナンを使う場合に限り、普通に支払うよりお得です。
詳しくは後述しますが、大雑把に説明しますと、普通にコーナンで買うより1,5%の得となります。
あと、店員さんに「この客はコーナンの通の人だ。丁重に相手をしなければ」と思わせる事ができる・・・かもしれません。
つまり、経済的に1,5%得して、精神的にもやや優位になれるというメリットがあります。
では、詳しく説明していきます。

コーナンPay(コーナンペイ)はどこで貰えるのか

スマホがあれば、「コーナンアプリ」をインストールすると手に入ります。
「コーナンアプリ」の中の機能の一つとして利用できます。
ガラケーだったり、携帯なぞ不要とスマホを持ってない人は、普通のカード型を直接コーナンで買えます。
コーナンで買えます。
無料ではありません。
100円で買えます。
無料じゃないのかと思った人も、大丈夫です。実質無料です。
コーナンPayの手続きを初めてした人には、100円分が後日チャージされます。
なので、カード型の人は実質無料ですし、スマホでアプリから手続きした人は100円得するようになっています。
カード型はコーナンのサービスカウンターで申込をしましょう。

コーナンPay(コーナンペイ)の使い方

電子マネーですので、現金いらずで買物できます。
レジにて「コーナンペイで払う」「コーナンペイでお願いします」などと伝えれてカードもしくはスマホのコーナンアプリのコーナンPay画面にあるバーコードを提示して使います。
カードは簡単ですが、スマホアプリの使用が初めて場合は少し手間取るかもしれないので、レジに向かう前からあらかじめバーコード画面にしておきましょう。
もしくは家でこっそりとバーコード画面を表示させる練習をしておくのも悪くないです。
バーコード画面を開いただけでは支払いは発生しません。
バーコード画面をレジにてスキャンして初めて支払いが発生します。
一度体験すれば、二度目から手間取る事無く支払いできます。
では、なぜに現金がいらずにコーナンPayだけで支払いができるのか?
それは先にコーナンPayにお金を「チャージ」しているからです。
「チャージ」を分かりやすく例えるなら、コーナンPayという銀行に預金するというイメージです。
コーナンPayに3000円チャージ(預金)すると、3000円まで買物が出来るというシステムです。
なので、3000円しかチャージ(預金)してないのに、3100円の買物をしようとするとエラーが出て支払えません。
とはいえ、その場合は3000円を「コーナンPay」で払い、残りの100円は現金で払うという事も可能です。
なので、チャージ(預金)した分を使い切ろうと思ったら、上記の方法でいけます。

コーナンPay(コーナンペイ)は、どう得なのか

よくあるポイントカードのように、レジにてポイントが貯まるシステムとは違います。
コーナンPayは電子マネーですので、チャージ式です。先払いチャージ式です。
チャージした金額の1%がコーナンマネーとして付与されます。
コーナンマネーとは、コーナンPayに入ってるお金です。
コーナンPayが銀行だとしたら、コーナンマネーは預金しているお金です。
ですので、1000円チャージすると10円お得となります。
10000円チャージすると100円お得です。
コーナンをよく使う人なら、年間あたりでみると、かなりお得になるでしょう。

コーナンPay(コーナンペイ)のチャージ方法

カード型ならば、店頭にて現金を支払いチャージしてもらいます。
アプリならば、アプリからチャージできます。
その場合、アプリに登録しているクレジットカードからの引き落としとなります。
ちなみに、チャージは1000円単位ですので、500円チャージなどは出来ません。

コーナンにもポイントカードが利用できるようになりました

貯まるのは楽天ポイントです。
コーナンにて無料でポイントカードが貰えます。
200円(税抜)に対して1ポイントが貯まりますので、還元率は0,5%です。
レジにて、このポイントカードを提示して、コーナンPayで支払うと1,5%還元になります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク