無料IP電話アプリ「Viber(バイパー)」とは?

シェアする

スポンサーリンク

数あるIP電話アプリの中でも異彩を放ってるのが「Viber(バイパー)」です。
元々は海外のアプリでしたが、楽天が買収して楽天グループの一員に加わりました。
以前は050simプランとして楽天モバイルがゴリ押ししてましたが、現在はひっそりと消えています。
楽天モバイルがキャリアに昇格するのが直近に迫っているので、リニューアルの一環として態勢を整えてるのかもしれません。
楽天グループの一員ですので、何かのきっかけで爆発的に広まるポテンシャルはあります。
使い方を誤れば、金銭的に損する可能性もあるアプリですので、その注意点なども含めて説明していきます。

スポンサーリンク

無料IP電話アプリ「Viber(バイパー)」の特徴

他のip電話アプリとは少し違います。
Lineのような感じだと思ってもらえれば分かりやすいと思います。
無料通話だけではなく、フレンドにメッセージを送ったり、スタンプ送信したりもできます。


画像はViber公式HPからの引用

Lineと同じようにビデオ通話や、グループトークにも対応しています。
Lineと違う点は、Lineが自分の電話番号をもてないのに対して、Viber(バイパー)は050発信の自分の電話番号が持てる点です。
自分の電話番号があるという事は、相手からアナタに電話をかける事が可能という事で、そこがLineと大きく違うところです。

Viber(バイパー)の登録方法と注意点

登録時にスマホ内の連絡帳との同期の許可がきます。
これを拒否できるのですが、拒否するとフレンド登録ができません。
登録時に拒否しても、フレンド登録する時に許可せざるえません。

Lineのように、無料通話する相手は、フレンドに限られるわけで、フレンド登録必須となっています。

Viber(バイパー)を利用するなら、連絡帳のデータを吸われるのを覚悟しましょう。
連絡帳の同期した瞬間、その連絡帳の中にいるViber(バイパー)ユーザーに、アナタがViber(バイパー)を利用開始した通知がポップアップ通知でいきます。
アナタも誰がViber(バイパー)ユーザーなのか目視できるようになります。
あちゃー、この人とは接触したくないのに連絡するきっかけを与えてしまったなぁという事態になります。
同期する前に、連絡帳の整理をお勧めします。
とはいえ、相手がアナタを連絡帳に登録している場合は、相手にきっちりポップアップ通知がいきます。
縁を切りたい人とは、この機会に連絡帳から退場してもらいましょう。

吸われた個人情報データは大元の楽天にいきますが、大手ですし悪用は無いと思います。
楽天ユーザーなら既に個人情報を楽天に登録してるので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

登録時に、SNS認証が必須となっています。
これは複数アカウントを防ぐ為ですので、避けては通れない第二の門です。
幸い、050の電話番号でも可能です。
050の場合はsnsメールではなく、音声にて認証番号がくるシステムです。

Viber(バイパー)での名前の登録にも気をつけましょう!
連絡帳に登録している相手に登録した名前で通知がいきます。
あまり自身のキャラクターとかけ離れた名前で登録すると失笑されかねません。
「お試し登録」などで様子を見つつ、後から変更するのがベターです。
またプロフィール画像を登録しないとフレンド登録できない仕様ですが、ここも最初は無難な画像にして様子を見てから後で変更しましょう。

アニメ画像などですと、相手によっては引いてしまいます。

Lineのように使う程度なら、これで大丈夫です。
フレンドとの無料通話やトーク送信などを楽しみましょう。
050の電場番号が欲しいなら、以降に説明するViber out(バイパーアウト)を利用して下さい。
Viber out(バイパーアウト)は登録するだけなら無料ですが、通話には通話代金が発生します。

Viber out(バイパーアウト)とは


画像はViber公式HPからの引用

Viber(バイパー)がLineより優れている機能です。
これを登録すると、050発信の自分の電話番号が持てます。
050の電話番号があれば、Viber(バイパー)ユーザー以外の人とも通話が可能です。
登録は簡単で、Viber のウェブサイトでアカウントを作成して、月額プランにするか、先払いチャージ式のその都度払いにするか選択するだけです。

Viber out(バイパーアウト)の料金

定額制とその都度払いがあります。
定額制のスタンダードなプランは「日本国内通話」限定で100分を2,99ドル(約300円)です。

画像はViber公式HPからの引用

約300円ですが、ドル基準ですので、為替レートによって違ってきます。
他にも国外も含めてかけ放題のプランもあります。

画像はViber公式HPからの引用

月額8,99ドルなので、約900円ですね。
Viber(バイパー)は元々海外のアプリなので何気に国際電話にも強かったりします。

先払いチャージ式は、「4,99ドル」「9,99ドル」「24,99ドル」の3つから選択してチャージします。

Viber out(バイパーアウト)日本国内の通話料
固定電話:1分3,0セント
携帯電話:1分9,8セント

ですので、4,99ドル(約500円)買えば、固定電話に約166分、携帯電話には約50分使えます。
他の050IP電話の通話代と比べても安いですが、チャージ式には気を付ける点があります。

利用せずに180日経過すると、チャージした金額が凍結されてしまいます。
180日で使い切るだけチャーシしましょう!
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク